漫画の処分(捨て方)について具体的な方法について解説

漫画が大好きだけれど、手持ちの本がたまってしまう一方で「整理したい」と考えている人は多くいらっしゃいます。

 

そこで今回は、漫画を捨てる方法や注意点を詳しく解説します。

漫画を高く売るコツも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

漫画の処分(捨て方)について最初に行う事

漫画を処分したいときに、最初に考えておくべきことは以下の2点です。

 

  • ・必要か不要かで漫画を分ける
  • ・3つの分類に分ける

 

それぞれを詳しく解説します。

必要か不要かで漫画を分ける

 

まずは手持ちの漫画をすべて、見えるところに出してみましょう。

そして「必要」か「不要」の、どちらかに分類していきます。

決断をするのはなかなか難しく、購入して以来あまり読んでいない漫画でも、いざ捨てようと思うと「また読みたくなる日が来るかもしれない」と考えてしまうものです。

 

しかし、そのままでいるといつまで経っても漫画を捨てられず、本棚がいっぱいになってしまいます。

見えるところに並べた漫画をよく見て、直感で「どうしても捨てたくない」と思ったものだけを残してみてください。

「捨てるか迷ってしまう漫画」は、この機会に思い切って処分することがおすすめです。

もし、処分したあとに後悔する気持ちが生まれたら、もう一度購入すればよいのです。

金銭的な負担は発生してしまいますが、「自分の好みを再確認するためのコスト」と割り切ってしまえばスッキリします。

 

どうしても捨てたくない漫画を、無理に処分する必要はありません。

自分の持ち物を精査することで、「本当に好きなもの」だけに囲まれた生活が実現し、気持ちよく暮らせるようになります。

どの漫画にも思い出が詰まっていると思いますが、フラットな気持ちで自分にとって必要なものを見直してみるとよいでしょう。

 

3つの分類に分ける

 

漫画を捨てるか、捨てないかを決めるときには、3つの項目に仕分けすると分かりやすくなります。

 

  •  ・重要度(高):絶対に捨てない
  •  ・重要度(中):検討する
  • ・ 重要度(低):捨てる

 

持っている漫画の重要度を仕分けすると、どれを捨てるか判断しやすくなります。

単体では「捨てたくないな…」と思っていても、他の漫画と比較してみると重要度がさほど高くないことに気付くこともあります。

漫画を整理したいと考えるのにはさまざまな理由がありますが、多くの場合は置き場所の問題が大きいです。

 

限られたスペースで漫画を保持するために、誰にも取捨選択をするタイミングが訪れます。

スムーズに整理を進めるためには、3つの重要度に分類して「重要度の高いものから順番に〇〇冊だけを本棚に入れる」と、自分のルールを決めてしまうとよいです。

 

また仕分け作業をする際は、終わりの時間を決めて行うことも有効です。

「〇〇時までに仕分けを完了させる」と決めて、作業に取り掛かりましょう。

 

終わりの時間を決めないと、途中でつい漫画を読んでしまったり、いつまでも悩んでしまったりするからです。

時間制限をして、重要度を3分類することで、手早く片付けが進みます。

 

漫画を処分(捨てる)かどうか決めるポイント

漫画を処分(捨てる)かどうかを決める際には、以下の2つポイントをチェックしてみてください。

 

  • ・電子書籍でも購入できる
  •  ・1年以上読んでいない

以下で詳しく解説します。

 

電子書籍でも購入できる

 

捨てるか迷っている漫画があったら「電子書籍」でも購入できる作品か、調べてみましょう。

近年は電子書籍のサービスも充実しており、読み放題で読める作品も増えています。

「紙の本の良さ」も、もちろんありますが、読む頻度が低い作品であれば電子書籍を利用するのもひとつの手段です。

 

今後もペーパーレス化が加速する可能性は高いので、思い切って漫画は電子書籍のみにするのもよいかもしれません。

自分のライフスタイルにあった、無理のない方法で取捨選択をするとよいでしょう。

 

1年以上読んでいない

 

漫画を捨てるか迷ったら「1年以内に読んだか」を、思い出してみてください。

1年以上、手に取っていない漫画であれば、今後も頻繁に読む可能性は低いです。

漫画の好みは年齢や自分の置かれている環境とともに、知らない間に変化していくものです。

 

たとえば学生時代に好きだった漫画も年齢を重ねてから読むと、共感できなくなっていることがよくあります。

思い出のある大好きな漫画でもいつの間にか読まなくなってしまうことは多いので、現在の好みを一度見直してみることをおすすめします。

 

漫画の具体的な処分(捨て方)方法

漫画を捨てると決めたら、具体的にどのように行動すればよいのでしょうか。

以下の7つが、おすすめの漫画の処分方法です。

 

  1. 1.資源ごみとして捨てる
  2. 2.親戚や友人に譲る
  3. 3.フリマアプリで売る
  4. 4.買取専門店に持っていく
  5. 5.公共施設に寄付する
  6. 6.古紙回収センターに持ち込む
  7. 7.不用品回収業者に回収してもらう

 

それぞれを詳しく見ていきましょう。

 

資源ごみとして捨てる

 

漫画をもっとも簡単に処分する方法は、「ごみ捨て場に出す」ことです。

自治体で行っているごみの回収は基本的に無料で、住民であれば誰でも出せます。

エリアごとに収集日やごみ出しのルールが決まっているので、それに従って捨ててください。

このとき注意したいのは「燃えるごみ」と「資源回収」の違いです。

 

漫画本は紙で出来ているので、燃える(燃やす)ごみに分類できます。

しかしリサイクルできる素材である本や雑誌は、資源ごみとして出すことが望ましいです。

ただし、油汚れのある本(古紙)や、表紙がプラスチック製の特殊な雑誌などは資源としてリサイクルできません。

住んでいる自治体の規則に則った、適切な方法で漫画を捨てましょう。

 

親戚や友人に譲る

 

漫画を手放したいと考えたときは、親戚や友人などに欲しいかどうか聞いてみるのもおすすめです。

人気の漫画であれば「読みたい」と思う人も多いでしょう。

 

気分的に「好きだった漫画をごみに出したくない」という場合は、身近な人に譲ることも検討してみてください。

親戚や友人が所持してくれていれば、また読みたくなったときに一時的に貸してもらうこともできます。

 

ただし一度あげたものを「返して」というのは、マナー違反なのでその点は注意してください。

大事な漫画だからこそ、大切に扱ってくれる身近な人に受け継ぐことができれば安心です。

相手が負担に思わずに受け取ってくれるのであれば、一度相談してみましょう。

 

フリマアプリで売る

 

漫画の処分方法で、もっとも利益が出るのは「フリマアプリで売る」ことです。

昨今フリマアプリの利用者は非常に多く、漫画の売買も頻繁に行われています。

 

フリマアプリの良い点は、自分が売りたい値段を付けられることです。

漫画の人気度や保管状態によってある程度の相場はありますが、値付けのルールはないので出品者が自由に決められます。

思い入れのある漫画であれば、安く売りたくないと考えるのは当然です。

 

あまりにも相場とかけ離れていると売れないかもしれませんが、自分が納得できる金額で取引できる可能性も十分あります。

フリマアプリは出品から発送までを自分で行わなくてはいけないため、多少の手間がかかる点は理解しておきましょう。

また多くの場合は出品物が売れた際に、何パーセントかのシステム利用料が発生します。

利用規約をしっかり把握してから利用することが大切です。

 

買取専門店に持っていく

 

「フリマアプリで自分でやりとりをするのは難しい」という方は、漫画の買取専門店にお願いしましょう。

買取専門店に漫画を持ち込むと、市場価格と本の状態を加味して査定額を出してもらえます。

 

査定額に納得できればそのまま売ることができ、もし価格に不満があれば売らずに持ち帰ることも可能です。

買取業者に依頼した場合、フリマアプリやオークションで売却するよりも安値になる可能性はあります。

しかし自分で手続きをする手間が一切なく、その場で売買が完結できる点は大きなメリットです。

近くに買取専門店がない場合は、発送して査定してもらえるサービスもあります。

 

公共施設に寄付する

 

きれいな状態の漫画が多数あるときは、「寄付」を検討してみるのもおすすめです。

児童施設や図書館などで、本の寄贈を募っているケースは数多くあります。

寄付(寄贈)する場合には、ある程度状態の良い漫画や絵本が喜ばれるでしょう。

 

あまりにも古かったり、汚れがひどかったりすると受け入れ先がない可能性が高いです。

特に子どもが読む本は衛生面にも注意が必要なので、譲る漫画はきれいなものだけにしておくとよいでしょう。

寄付の受付先が見つからない場合は、住んでいる市区町村や町内会に問い合わせしてみてください。

 

古紙回収センターに持ち込む

 

引っ越しや急ぎの片付けなどで、すぐに漫画を処分したい場合は「古紙回収センター」が便利です。

古紙回収センターとは、各自治体が設けている資源回収のスポットのことです。

民間企業の一角で古紙を集めていたり、回収ボックスを設置していつでも資源を入れられるようになっていたりします。

 

資源ごみの回収頻度は自治体によってさまざまで、週に1回だったり、月に1回だったりします。

資源ごみとして漫画や本を捨てたくても、回収日に仕事や予定が入っていて捨てられない人は古紙回収センターに自分で持ち込むことがおすすめです。

自分で運ぶ手間はあるものの、好きなタイミングで資源ごみを出せるので便利だと感じている人も多くいます。

古紙回収センターの設置場所は、市のホームページで確認できます。

 

不用品回収業者に回収してもらう

 

とにかく手間をかけずに漫画をすべて捨てたい人は、不用品回収業者の利用が最適です。

不用品回収の業者に電話やネットなどで依頼をすれば、すぐに本を回収しに来てくれます。

漫画の仕分けやまとめてヒモで縛ることもすべてやってくれるので、依頼主の負担はほとんどありません。

 

汚れている漫画や価値のない古紙の場合は、出張費やごみの処分費用が請求されることがあります。

しかしある程度売れ筋の漫画や古本などであれば、お金を払うことなくすべて持っていってくれる可能性も十分あります。

無料で見積りをしてくれる業者もあるので、一度問い合わせしてみるのもおすすめです。

 

▼こちらの記事では本の適切な捨て方について解説した記事になります。あわせてご覧ください。

本の捨て方(処分)方法は?処分する際の注意点について解説

 

漫画を高く売る方法

漫画を高く売るためには、現在の相場と本の状態を正確に把握する必要があります。

買取業者が査定するときは、いくつかのランクに分けて査定するケースが多いです。

以下は大手買取業者の、漫画や本のランク分けの指標です。

 

【特A】発売から3ヶ月以内で新品同様のもの

【A】発売から3ヶ月以上経っていて傷は軽度で綺麗な状態

【B】発売から3ヶ月以上経っていて傷が中等度ある状態

【C】発売から3ヶ月以上経っていて傷やヤケなど Bよりもひどい状態

【D】破けていたり本の中身に書き込みがされている状態

 

 

各企業で判断基準は異なりますが、ひとつの目安として覚えておくと役立つでしょう。

また漫画を高く売るために、以下の3つのポイントもチェックしてみてください。

 

  • ・ 需要が高いうちに売却
  • ・まとめ売りで売却
  • ・業者で買取価格の比較

 

それぞれを詳しく解説します。

 

需要が高いうちに売却

漫画を出来るだけ高く売るためには、需要があるうちに売却することが肝心です。

漫画は爆発的な人気を集めることもあるコンテンツなので、一時的に品薄になったり限定版にプレミアがついたりするケースもあります。

 

市場に少ない商品であれば高額で売れる可能性が高まるので、売却のタイミングは重要です。

また、発売から時間が経つほど価値は薄れていく傾向にあります。

そのため、不要になったらできるだけ早めに売却するとよいでしょう。

 

まとめ売りで売却

 

作品によっては、数十巻以上にも及ぶ大作の漫画も数多く存在します。

完結している漫画であれば、1巻から最終巻まで揃っているほうが高値が付くでしょう。

 

買取専門店では、買い取ったものを次のユーザーへ販売する仕組みが多いので全巻揃っているかどうかは大切なポイントです。

また発送で査定を行っている業者の場合は、送料がかかるためひとつの箱にできるだけまとめて送ったほうがお得です。

 

業者で買取価格の比較

 

買取業者の多くは、売りたい漫画や雑誌の「無料査定」を行っています。

売りたい漫画を店舗に持ち込んだり発送したりすることで、価値を判定してくれるサービスです。

提示された査定額に納得できない場合は「売らない」という選択をしても問題ありません。

 

1円でも高く売りたい場合は、2社以上の複数業者に査定をしてもらうのがおすすめです。

複数の査定額を比較することで、もっとも高い業者を選んで売却できます。

発送での査定だと送料や手間がかかってしまいますが、近隣に買取専門店が複数ある場合は何店舗か周って比較してみるのもよいでしょう。

 

漫画の処分は買取業者への依頼がおすすめ

 

漫画の処分(捨て方)に迷ったら、買取業者に査定を依頼してみてください。

捨てるにはもったいない、まだ読める漫画や雑誌であれば高値が付く可能性があります。

 

「スマイルブック」では、発送での査定も受付けているので、遠方の人でも利用可能です。

手持ちのダンボールに詰めて発送するだけで、数日以内に査定が完了します。

発送の際は着払いで送れるので、売主の負担もありません。

岐阜・愛知・三重・滋賀エリアへ、電話1本で自宅への出張査定も行っています。

 

漫画を捨てたいと考えている人は、ぜひ一度「スマイルブック」に問い合わせしてみてください。

出張・査定・相談 すべて無料!

ご相談だけでもOK!お気軽にお電話ください!

0120-062-667

直通
090-7316-6695(ソフトバンク)
受付
8:00~22:00(不定休、土日祝も営業)

WEBからも出張買取・ご相談24時間受付け中!